『アンデスの歌うねずみ』"デクー"をあなたも飼ってみませんか?毎日が癒しの日々間違いナシ♪
2015年11月22日 (日) | 編集 |
【暖突とマイカヒーターⅡの2製品を使ってみた感想】

こんにちわHIROです。
今日は以前購入したヒーター....
暖突とマイカヒーターⅡを、使ってみてのレビューをしてみようと思います。

ちーちゃん2

前回、だんとつ(暖突)のLサイズを購入して使っていたのですが、
デグー飼育に於いて、色々まずい事が出てきてしまったので、
今回やむなく、我が家で実績のあるマイカヒーターⅡに、
買い換える事にしました。
レビューする前に先ず、その経緯について少し
お話ししてみようと思います。

マイカヒーター

暖突の性能自体に不満があったわけでは無かったのですが、
生体(チーちゃん)にかなり影響が出てきてしまいましたので、
暖房を変更せざるおえなくなってしまいました。

遠赤外線 マイカヒーターII&専用ステンレスホルダーセット 鳥 保温 関東当日便



何が原因だったかというと、

暖突の出力....

強力すぎて、デグーが暖をとるどころか、
その照射範囲からデグーが逃げ回り、仕舞いに熱が原因で、
目やになどが出やすくなって仕舞った事です。
色々試してみたのですが、暖突を止めていると目やにが全く出ない事から
熱が原因である事は明らかの様でした。

マイカヒーター2

Lサイズでは無く、MやSサイズなら、
出力的に問題が出なかったのでは無いかと思いますが、
Lサイズだとパワーがありすぎるうえに、
ケージの側面全部を覆ってしまうので、デグーの逃げ場が無くなってしまい、
かなりのストレスを与えてしまったようです。

だんとつ  

マイカヒーターⅡはそらちゃん&さっちゃんのケージで
使っていますが、2匹とも元気で、異常は全く出ていません。

ここらへんは憶測ですが、もともと暖突は爬虫類をターゲットに
作られて居るようですので、鳥類やデグーなどの生き物には
出力がやや強すぎるのかもしれないと言う事です。

その点マイカヒーターⅡは、最初から鳥類などの小動物をターゲットに
作られているので、デグーにも丁度良いみたいです。
加えて、サーモスタットも内蔵しているので安心です...

親子デグー

で...
両者の良い点悪い点を簡単に書くと、以下の様になります。

■暖突---------------------

[良い点]

.サイズの割にコストパフォーマンスが良い。(安い)
.構造がシンプルで重量も軽い。

[悪い点]
.サーモスタットを内蔵していないので
 別売りのサーモスタットとの組み合わせが必須になる。
.出力が調整出来ない。
.設置の仕方に工夫が必要。
.オンオフの確認が出来ない

■マイカヒーターⅡ----------------

[良い点]
.鳥などの小動物対象にしているので程よい出力。
.サーモスタットを内蔵している
.色々な設置がしやすい。
.パワーランプがあるので状態を確認しやすい。

[悪い点]
.本体が暖突に比べて高価である。
.オプションのホルダーが高すぎる。


...と、こんな感じです。

私の様にイージーホーム40ハイイージーホーム40ハイ位のサイズのケージで
使うのでしたら、暖突をチョイスする場合は、
少し小さめのサイズにした方が良さそうです。

暖突 だんとつ Mサイズ 爬虫類 両生類 パネルヒーター 保温 関東当日便


暖突 だんとつ Sサイズ 爬虫類 両生類 パネルヒーター 保温 関東当日便


今回はデグーの生体に異常が出てしまったので、

長年使っていて、我が家で実績のあるマイカヒーターⅡ
変更しましたが、決して暖突が悪いわけでは無く、
暖突の場合、サーモスタットも内蔵されていませんし、
本体での出力調整も出来ませんので、ケージや環境に合わせた
サイズのチョイスが、大切なのだと痛感いたしました。

ちーちゃんとマイカヒーター

つまり、ケージ側面全部を覆ってしまう様な、
サイズのヒーターの場合はその出力に気をつけないと
いけない...という事の様に思います。
検討されている方は、十分そこらへんを注意して
チョイスして下さいね(^^ゞ


■マイカヒーターⅡのレビューはこちら


【大型の動物用のマイカヒーター】----------

遠赤外線 マイカヒーター628M型 1200W 犬 猫 小動物 保温 介護 老犬介護 関東当日便



クリックしてくれると嬉しいな♪
▲画像クリックで応援して下さると管理人HIROが涙して喜びます(o^^o)


■ランキングに参加しています。応援して下さいね♪


line_001.gif
テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック