『アンデスの歌うねずみ』"デクー"をあなたも飼ってみませんか?毎日が癒しの日々間違いナシ♪
2015年10月01日 (木) | 編集 |
【デグーの自然なナイスショットを撮影しよう♪】

こんにちわHIROです。
なんか、今日はカラッとした天気ですごく気持ちよいです。
みなさんのお住まいの地域はいかがでしょうか?

デグーのチーちゃんアップ

私は偏頭痛もちだったのですが、モニターを変更してから
嘘のように、その頭痛がなくなりました。
もしかしたら、目から来る眼精疲労で、今まで頭痛がしていたのかも
しれませんね、本当にありがたいです(^^)

さて今日は、デグーの写真撮影についてのお話です。


以前にも何度か記事にしましたが、
私の撮影は画質重視ではなく、いかにナイスショットを撮影するか...
という感じの撮影をしています。

一時期、きれいな画質でなんとか撮影...という方向性の
D5500の様な一眼タイプを数台購入して、撮影していたのですが、
カメラを向けた時には既に撮りたかったシーンは撮れず...
という事が殆どで、デグーさんの可愛らしさがなかなか撮影できず、
本当にストレスがたまっていました。

デグーチーちゃん歯の手入れ

そんなとき出会ったのが、カシオのカメラでした。
軽くてシャッターチャンスを逃すことも少なく、暗所に強いので、
小動物の撮影には最適です(^^)

ですが、カメラをデグーに向けると、一眼レフほどではないにせよ、
多少警戒した表情になり、自然なくつろいだ姿はなかなか撮れません。
色々やってみたのですが、やはり人間が前にいると、
自然な表情を撮影するのは難しいように思いました。
赤ちゃんの場合は、まだ慣れていないので、なおさらそういう傾向が
強いようです。

そして最終的には、離れたところから撮影するのが一番良い♪
....という結論に至りました。


色々検討して、購入したのがWEBカメラです。
PCに向かっていても、モニターでデグーを監視しながら
良い感じのシーンを、リアルタイムで撮影できる優れものです。
画質もご覧の通り、そんなに悪くはありませんので、
WEBで公開する程度なら、何ら問題はありません。

 C920撮影画像 

LOGICOOL HD プロ ウェブカム C920t



良い事尽くめのようですが、実は弱点もあります。
ソフトを起動させて、そのソフトから撮影操作をするので、
実際に撮影して、PCに保存するまで3秒かかります。
3..2...1..カシャッ!..って感じ(^^;)

わかりやすく言うと、セルフタイマーで撮影しているような感じです。

ロジクール撮影ソフト

ですから、くつろいでいる姿は写せても、デグー達が動いていると、
思ったような撮影がしにくいのです。
あと本体からのケーブルも短いので、設置場所によっては、
USBの延長ケーブルも必要になります。
つまり撮影できるシーンは、同じ姿勢で一定時間じっとしているタイミングに
限られてしまいます。

デグーのチーちゃん見上げる

で、何か良いカメラはないかと探していたら、去年の夏頃に発売になった
カシオのカメラで、EXILIM EXFR10GEXILIM EXFR10Gと言うカメラを見つけました。
本体とカメラ部分を分離出来て、Bluetoothでお互いをワイヤレスで繋ぐという物。

つまりレンズ部分と、本体が分離できて、5メートル位の距離なら
遠隔操作できてしまうと言う、まさにデグー撮影にぴったりのカメラです。
勿論、WEBカメラよりレスポンスも良いです。

CASIO EXILIM EX-FR10
-GN(グリーン)


YouTube動画

スマホにソフトをインストールすれば、スマホからも
シャッター操作ができるようです。
画質はカシオさんなので、多分大丈夫でしょう(^^)

やや値段が張りますが、私もいま注文を入れていますので
週末届きましたら、またレビューしてみようと思います♪
今からちょっと楽しみです(^^


カメラ本体の電源のオンオフもスマホで出来れば良いのだけど
そこまではちょっと無理かな?

デグーのチーちゃんだらしない寝姿
▲まあ、チーちゃんはベタ慣れなので警戒心全くなしなんですが..(笑)

便利なギミックを活用して、デグーさんの自然な表情を
撮影できると本当に楽しいと思います。
皆さんもいかがですか?~♫


クリックしてくれると嬉しいな♪
▲画像クリックで応援して下さると管理人HIROが涙して喜びます(o^^o)


■ランキングに参加しています。応援して下さいね♪


line_001.gif

テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック