『アンデスの歌うねずみ』"デクー"をあなたも飼ってみませんか?毎日が癒しの日々間違いナシ♪
2014年09月15日 (月) | 編集 |
【ケージの底敷きは永遠のテーマ?】

こんにちわHIROです。
皆さんは、デグーさんのケージの底の部分ってどうされていますか?
私も以前から色々工夫をしてきましたが、最終的にはシンプルな構成で
落ち着いてしまいました(笑

赤ちゃん3匹

最近アクティブに活動されている『おネズミ屋敷へようこそ!』さんの
記事でも、奮戦記を書かれていて、楽しく拝読させて頂いていますが、
皆さん苦労されているようですね。

基本的に海外のケージと日本のケージでは、ケージに対する
考え方がかなり違うようです。
日本製の製品は、トレーを設置してお手入れをし易い方向性で
考えられていますが、海外製品ですと トレーの無い一体式のバケツのような
底になっているのが一般的です。

イタリア【ファープラスト】ferplast社製 リス用ケージ スコイアットリー KD【smtb-k】【w3】

一体式になっていた方が、牧草を底にタップリ敷く飼育方法には
向いていますが、次のような弱点もあります。

①牧草の消費が激しい 。

②糞尿が溜まりやすいので、湿度の多い日本ではカビや雑菌の
 温床になりやすいので、常に清潔にする必要性が出てくる。

③デグー用途だと、ほじくって仕舞うので、底の部分に吸水マットや
 抗菌チップなどは 、 敷く事が難しい。 
 抗菌チップは直接触れると、アレルギーが出る場合もあるので
 使用は避けた方がよい。 

それに比べ日本製のケージは金属のスノコで底と区切って、トレーを
設置してあるので、お手入れが楽です。
ただ、万全という訳ではなく以下のようなデメリットも抱えています。

①敷き牧草がトレーの部分に落ちて、トレーの開閉が難しくなる 。
②牧草の設置&与え方に工夫が必要になる 。


あと、イージーホームシリーズだと、ケージの金網本体をトレーから
外そうとすると、金属のスノコが金網部分に一緒に付いてきてしまうので、
金属のスノコの上に、牧草を敷いている飼育の仕方だと、回りを汚してしまうので
、そういう面での使い勝手の悪さがあります。

要は、自分がどういうスタイルでデグーを飼育していきたいのか 、
ハッキリしたビジョンを持って、ケージを導入しないと、ただの使い難い
ケージで終わってしまう事もあると言う事です。

ではそうならない為にどうしたら良いかというと、ケージの仕様に合わせて
飼育の仕方を工夫していくしかないでしょう。

イージーホームの活用方法として一番良いのは、金属のスノコを
旨く活用する飼育方法です。

トレーには真菌対策に、レッドシダーチップレッドシダーチップなどを入れて、除菌抗菌対策を
しっかりしつつ、牧草BOX牧草パークなどに牧草を入れて管理して、
トレーへ牧草が落ちないようにした方が、衛生的にも良いと思います。
この方法ですと、牧草の消費も少なくおさえる事が出来ますし衛生的です。 

個人的には、牧草パークを使う方法がお勧めです。 
金網のスノコの上に、こういった木のBOXを置いて、その中に牧草を入れれば、
牧草もトレーにこぼれないし、デグーの遊び場にもなります。
牧草の交換の時も、牧草パーク ごと取り出してから、
牧草を交換すれば良いだけなので、非常にお手入れも楽です(^^

牧草ポックス 
▲私は適当に自作しましたが、買った方が安上がりです(笑

自分で作ってしまっても良いのですが、接着剤など、諸々の材料費を
考えると買ってしまった方がどうも安上がりのようです。

ただ、かなり大きいので、お使いのケージで使えるかどうか、
サイズは良く確認して下さいね。

牧草ポックス2 


【お勧めの木製BOX】------------------

うさぎの牧草パーク うさぎ 食器 関東当日便

KAWAI 川井 カワイ かじり木牧草BOX

▲木のスノコと組み合わせてこういうレイアウトもステキですね♪



クリックしてくれると嬉しいな♪
▲画像クリックで応援して下さると管理人HIROが涙して喜びます(o^^o)


■ランキングに参加しています。応援して下さいね♪


line_001.gif


【飲み口が丈夫なステンレス製で丈夫な給水器】

★給水器の根っこを囓ってしまうデグーさんにお勧めです(^^  


給水器 ペットニード マイティボトル 120cc 小動物用 ドリンクボトル 関東当日便


給水器 ペットニード マイティボトル 200cc 小動物用 ドリンクボトル 関東当日便

テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック