FC2ブログ
『アンデスの歌うねずみ』"デクー"をあなたも飼ってみませんか?毎日が癒しの日々間違いナシ♪
2014年07月15日 (火) | 編集 |
【デグーを迎え入れる準備の為のQ&A】

こんにちわHIROです。
湿気が凄くて、外出てちょっと動くと、汗も半端ないし、
ここ何日か、本当に過ごしづらい日が続いていますね。
うちのデグー(Degu)たちも、湿度と気温のダブルパンチで
ちょっとバテ気味のようです(^_^;)

ブルーデグー チーちゃん

着ているTシャツも、すぐに汗でベタベタになってしまいます。
ワキの臭いも気になったりするので、ちまたで噂のワキガにもバッチリ効く、
ディーチューブ ディーチューブをリピでポチリました。

実は、脇の下の独特の臭は、8×4やAgイオンのスプレーでは、
効果が無いって..皆さん知ってました?
[香りで誤魔化しているだけです、Agもワキの臭いには効果がありません。]
わたしも、仕事で接客をしていますが、汗かきなので臭いには気を使います。

お店に新製品が入ってくるたび、色々試してみたのですが、
市販の制汗スプレーは、ワキ下の臭いには、殆ど効果がない事を実感しています。
散々試してみたのですが、その結果たどり着いたのが、
ディーチューブ ディーバーです。

ディーチューブ


ディーバー


こちらの製品は、病院やクリニックなどでも一押しの製品で、効果は抜群です。
個人差はあるようですが、コレを使い出してから、夏の必需品【制汗スプレー】は
、 私には全く必要無くなりました(^^

量的に少し高い気もしますが、朝塗っておけば、1日臭わないし、
毎日贅沢に使っても2ヶ月位余裕であるので、制汗スプレーを何本も買うより
経済的です...制汗スプレーは、効果無いわりには結構しますからね。

ディチューブ 
▲本当に効果があるので臭いがきつい方は是非お勧めです(^^


...と、毎度の事ですが前置きが長くなってしまってご免なさい。
本題行きます~(^^

今回はツイッターの方で、デグーの飼育環境についての、
ご質問を頂きましたので、これから、デグーさんをお迎えしたいという
皆さんにも役立つかな?
...という事で、入門的な事を少し書いてみようと思います。

[ケージのサイズ------]

以前に何らかの小動物を飼っていて[鳥やリスなど]そのケージを
最初は取り敢えず利用しておいて、後にステップアップしていきたい..
という方も多いと思います。
ですが、デグー飼育に適切なサイズのケージの目安が、
解らない方が多いようです。
こればかりは実際飼っている方から、お話を伺うしか方法が無いので、
初心者の方は、余計迷ってしまうのだと思います。 

正直デグーは、生後半年位までは、小さめのケージの飼育でも
特に問題はないと思います。
体格も小さいですし、糞尿の量も少ないので、通常の鳥用のケージ位の
広さでも十分飼育が可能です。
これは、人に慣らすという視点からも小さめのケージの方が、
利点が多いので、お勧め出来ます。
ですから、ある程度大きくなって、デグーの運動能力が高くなってから、
広めのケージにステップアップする方法でも特に問題はありません。

ブルーデグー あかちゃん2

ですが、それには1つだけ条件があります。
条件とは...ホイールが設置出来るサイズである事です。
デグーは赤ちゃんでも、結構動き回りますので、ストレス発散や
体調管理の為にも、ホイールは必須となります。
デグーは走り回れないと、代謝が悪くなるようで、糞尿の出が悪く
なります...人間で言う便秘みたいな物でしょうか?
当然、そういう状態は、生体にも良く無いのは、お解り頂けると思います。
樹脂製のホイールは、糞尿でデグーの身体が汚れますので
メッシュタイプの物がお勧めです。

メタルサイレント25 関東当日便

価格:1,461円
(2014/7/15 08:51時点)
感想(49件)



[オスメスの選択------]

これも良く頂く質問なのですが、自分がどういう飼い方をしたいかに
よって決めていくのが良いと思います。
一匹をデレデレに慣らしていきたいのなら、オスの方が慣らしやすいです。
ただ、脱走好きでわんぱくなので、最初の1年位はそこらへん覚悟して下さい(笑
生後半年過ぎたあたりから、マーキングもし始めます。
場合によってはキツイ臭いの尿をする事もありますので、
脱臭機 DAS-15C-WFUJITSU GENERAL PLAZION(プラズィオン) DAS-15C-W<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />などでの消臭対策は必要になるかもしれません。
ですが、いつまでも続く訳ではなく、生後1年~位すると落ち着きます。
以上を踏まえた上で、デグーと遊び倒したい人は、オスの方を勧めます(o^^o)

メスの場合は、個体差もあるのですが、警戒心が強いので慣れづらい
個体が多い様です。
ブリーダーさんの、幼児期の扱い方によって、かなり左右される事が多い感じで、
一度警戒心が強くなってしまうと、オスに比べて、関係を復旧するのには
苦労する事が多いです。
臆病で、警戒心は強いのですが、一度慣れると、オスのせわしなさに比べ、
落ち着いた感じで慣れてくれる感じがします。
ただ、妊娠した時などは、警戒心も強くなり、気が荒くなる一面を見せますので、
その時は、距離を置くようにしましょう。出産後落ち着くと、また元に戻ります。

メスは、よく観察しながら飼育しないと、地雷を踏んでしまいます。
オスのように脳天気ではありませんので、そういう繊細な
付き合いが出来る飼い主さん向けと言えます(^^ゞ 

ブルーデグー あかちゃん

一応デグー飼育入門の、触りの様な記事に
なってしまいましたが、 これからデグーさんを飼おう...と
思って下さっている方の、とっかかりの参考になれば
と思います。

※以上の記事はわたしの経験からのお話ですので、
 個体差もあります事を、十分ご理解頂ければと思います。


クリックしてくれると嬉しいな♪
▲画像クリックで応援して下さると管理人HIROが涙して喜びます(o^^o)


■ランキングに参加しています。応援して下さいね♪


line_001.gif

※『デグーと二人暮らし』全記事一覧はこちらをクリック
テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック