『アンデスの歌うねずみ』"デクー"をあなたも飼ってみませんか?毎日が癒しの日々間違いナシ♪
2014年08月03日 (日) | 編集 |
【デグーの熱中症の症状を見逃さないで!】

こんにちわHIROです。
暑くて湿度の高い日が続いていますが、皆さんのデグーさん達の
夏のデグー飼育は順調でしょうか?

デグーのベビー団子

昨日、メール経由で、日中エアコンはかけていたものの、
窓際にケージを設置していた為に、熱中症で、デグーーさんが命を落として
しまいました..という悲しい報告を頂きました。
直前まで、元気な位ホイールを回していたので、飼い主さんも特に気にして
いなかったようですが、少したって気が付くと、ケージの底で息絶えていた
という事です。
病院にも相談されたようですが、熱中症ではないか?
...という結論を頂いたようです。
定期検診も欠かさず、大切に育てていた方なので、
かなりショックだった様です。
あまりに気の毒で、何と言っていいのか、正直言葉が見つかりません。
今回は、皆さんに同じおもいをさせたくないので..と言う、
本人の申し出もあり記事にさせて頂いています。

デグーブログの記事で、何回か書かせて頂いていますが、
今まで一般的に言われていたDegu飼育の適温は意外と高いようです。
個人的には、ベストは26℃前後ではないかと思いますが、
30℃近くなっても、特に支障なくDeguの飼育は出来ます。

ただ、これにも条件が2つあります。
それは....

①湿度管理がされている(60%以下)
②直射日光を当てない。

の2つです。

これは、どんな動物でもそうですが、生きものは一般的に
直射日光は苦手です。
魚も動物も、暑い日には木陰に避難しますよね?
ましてや、デグーは元々暑いのが苦手なので、尚更です。

自然の中でしたら、自分で移動して体温調整も出来るかもしれませんが、
飼育ケージに入れられて、窓際に置かれるとデグーは逃げ道がありません。
室内で、温湿度計は適温を示していても、日光の直撃でデグーの体温は
私たちが理解できないくらい上昇し、負担をかけている事も十分考えられます。
日光に当たって気持ちいいのは、冬場の肌寒い時期だけでしょう。

今は日が当たっていなくても、時間の経過と供に、
日が当たるようになる場所に、ケージを設置しないように、
気を付けなくてはいけません。
できれば、リビングなど、確実に日が当たらない
涼しい場所がベストです。

熱中症の症状として一番解りやすいのが、異常行動です。
暑くなると、デグーはハンモックの上や、大理石の上などで
ゴロゴロ、ダラダラ寝ているのが普通です。

この夏場の時期で活発に動き回るのは、朝晩の涼しい時間くらい
だと思って下さい。
それが、気温的に厳しいお昼間に、切れ間無くホイールを回し続けたり、
ケージを這い登る事を繰り返したりするのは、異常です。
あと体温を下げようとして、ケージや水槽のガラスを嘗め回す子もいるようです。
そういうサインがデグーから出ているのに気付いたら、エアコンの効いた
涼しい場所に、直ぐにデグーを移動してあげてください。

チーちゃん手乗りデグー

湿度が高くて、更に気温の高い日は、注意が必要です。
特に、湿度が上がらないように、温湿度計で管理しながら、
エアコンで調整してあげましょう(^^


クリックしてくれると嬉しいな♪
▲画像クリックで応援して下さると管理人HIROが涙して喜びます(o^^o)


■ランキングに参加しています。応援して下さいね♪


line_001.gif

※『デグーと二人暮らし』全記事一覧はこちらをクリック

お勧め商品

【デグーへの冷風の直撃を避ける為に】

エアーウィングプロ(AW7-021-02) (沖縄・離島別途送料¥400)


[お勧め!窓にもちょっとした工夫をすれば涼しくなる]

セキスイ遮熱クールネット -7℃ UV69%カット ミラー効果 メッシュシート 100×200 2本セット●北海道・沖縄・離島は要別送料

[お勧め品&追加記事はこちらをクリック]
テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット