『アンデスの歌うねずみ』"デクー"をあなたも飼ってみませんか?毎日が癒しの日々間違いナシ♪
2014年06月23日 (月) | 編集 |
【夏の定番蚊取り線香のデグーへの影響は?】

こんにちわHIROです。
久々に梅雨らしい雨の日が続いていますね。
湿度が高くて寝苦しいので、除湿のかけっぱなしで、ちょっと電気代が
気になる昨今です...(^^ゞ

デグー 
▲7月お渡しのブルーデグーのちびちゃん、結構大きくなりました。 
  ちょっとビビリかも?

先日捕ってきたホタルですが、水槽に入れてみると、
夜中ずっと光っているイメージがありましたが、
観察してみると常時点滅している訳では無いようですね。

警戒していると光らないようですが、入れている水槽を揺らしたり
息を吹きかけたりすると刺激されて光ります。
かなり繊細な生きものなんだな、と改めて感じました。

デグー夫婦 
▲さすがEXILIM EXILIM ZR-510のプレミアムモード、暗所でもバッチリ撮影出来ます♪


さて、今回は蚊取り線香のお話...です。


ネットで検索すれば、いくらでも情報は出てくるのですが、
デグーを飼育している部屋で、線香を焚くのはどおなんだろ?
...と、何となく疑問に思いましたので記事にしてみました。

これって、みなさんも気になりませんか?

蚊取り線香に使われている殺虫成分は、除虫菊という菊からとる
ピレトリンという物質です。

菊 
▲シロバナムシヨケギク(除虫菊)

この物質は、ほとんどの哺乳類は体内に分解する酵素を持っているのですが、
昆虫はその酵素を持っていないので、神経が麻痺して死んでしまいます。
ですから、ほ乳類には害は余り無いようです。
 
このピレスロイドは、哺乳類や鳥類への影響は比較的低いとされていますが、
締め切った空間で大量に摂取すれば、さすがに良くないようで、
密閉された部屋での、犬猫の中毒事例も報告されているようです。
体の小さなデグーには、やはり注意が必要な様です。 

補足すると、両生類、爬虫類に対しても昆虫と同様に毒として
作用するようですので、飼育されている方は要注意です。


トカゲ 
▲一見丈夫そうなんですが線香には弱いんですね(^^ゞ

結論としては...
締め切らない部屋での、少しの使用なら大丈夫だと思いますが、
密閉空間での継続的な使用は避けた方が良いでしょう。

意外だったのですが、蚊取り線香より、アースーマットのような化学的に
合成された殺虫成分を使っているタイプの方が効果が強く、人間にも
影響が出る事もあるそうです。
こちらを使う時の方が、煙が目に見えない分、注意が必要かもしれませんね(^^

カインズ Degu 
▲木更津アウトレット横の、カインズホームに居たデグーの赤ちゃんは
 全部売り切れてました..大人のDeguはペアでまだ居ます(^^ゞ
 

クリックしてくれると嬉しいな♪
▲画像クリックで応援して下さると管理人HIROが涙して喜びます(o^^o)


■ランキングに参加しています。応援して下さいね♪


line_001.gif

※『デグーと二人暮らし』全記事一覧はこちらをクリック







【ホイールが光るマウス】
購入後、接続してから気付いたのですが、ホイルが綺麗に光ります♪
小さめで扱いやすいし、気に入ったので、追加でもう1つ購入予定です。
安いですし、皆さんもいかがですか?

マウス 

SANWA SUPPLY 有線ハイパーLEDマウス レッド MA-125HR

テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット